-RAKTEN WIDGET-

2013年09月02日

【訃報】クラシック指揮者の堤俊作さん(死因は多系統萎縮症)



クラシック音楽指揮者として知られる堤俊作(つつみ しゅんさく)さんが、
9月1日、多系統萎縮症のため千葉県内の病院で死去したことが報じられた。
見る次項有ENTERtainmentranking
(PR) 歯から始まる怖い病気
堤俊作さんは大阪府大阪市出身、1947年12月21日生まれ(66歳没)。
桐朋学園大学の卒業で、1975年に東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団を設立、
常任指揮者として17年に渡り育成に努め、後には札幌交響楽団の専属指揮者等も務めた。
心よりご冥福をお祈りいたします。
(PR) 動物園で撮った家族の写真

posted by ghead at 22:02| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする